看護師の子どもの預け先問題

看護師は女性が多い職業であり、子育てをしながら働いている人は多い。子どもを育てつつ仕事をするのは大変で、周囲の支援がなければ問題が起こりやすい。親族などが近くに住んでいるのであれば、一時的に子どもを預かってもらうことができる。しかしそれが難しい場合は保育園などを利用して、子どもを預かってもらわなければいけない。

看護師をしながら育児をする上で重要になってくるのが、仕事が終わる時間帯だ。夕方には仕事が終わらないと子どもの送り迎えができないため、労働環境を考えつつ就職先を選ばなければならない。数ある病院の中でも、日勤帯のみの業務のクリニックは育児をする看護師に向いている。それに加えて、子育て支援体制が充実しているところであれば、安心して働けるだろう。

医療機関には院内託児所があるところも存在している。24時間体制の託児所も存在しているため、そういったところであれば夜勤もできるだろう。院内託児所であれば、託児所の側で働けるため、子どもに何か異変があったときもすぐにかけつけられる良さがある。ただ院内託児所は子どもを預かるだけで、特別な教育などは受けられない場合が多い。子どもの教育を考えるなら一般的な保育園の方が向いているため、それぞれの違いを理解して選ぶ必要がある。

もし看護師が育児をしつつ働きたい場合は、家族とよく話し合っておくべきだ。家事の役割分担などについて十分に話し合っておけば、実際に働いた時にトラブルが起きづらくなる。看護師は女性が多い分野であるため、多くの職場で子育て支援が充実している。そのため、転職を考える際は、子育てに協力的な職場を調べて応募をかけた方がより手厚いフォローを受けることができるだろう。