子育てママには派遣がおすすめ

看護師にとって、育児と仕事を両立させるのは難しいものだ。実際、現場からの要求が大きく、それを実現できずに離職するケースは後を絶たない。

そこで注目してほしいのが、派遣社員という選択肢だ。派遣であれば、常勤の時と同様に産前産後休暇や育児休暇が福利厚生として与えられるため、出産前後でも問題にならない。重要なのはその後に働きやすいかどうかである。

派遣会社は、両立が難しい看護師をターゲットとして視野に入れており、子育てママのための福利厚生を充実させている場所が少なくない。特に看護師専門として経営している派遣会社の場合には、育児支援に重点を置いている傾向がある。

例として、ベビーシッターを割引料金で活用できるサービスを提供しているようなケースがある。その他、提携している保育施設を優先利用できるようにしている場合もある。このような形で支援を受けられることに加え、派遣社員は仕事の量や勤務時間も調節しやすく便利だ。

看護師の場合、週に二日や三日程度の勤務で済むものや、午後の早い時間帯までの勤務のものなどがしばしば求人として見かけられる。また、派遣社員になると数ヶ月単位で派遣先を変更することになり、家庭の状況に応じて働きやすい仕事を選び直せるのも魅力である。育児中に働きやすいだけでなく、子供が成長するのに合わせて仕事を増やすことも簡単なのが派遣社員の特徴であり、育児を前にして転職する人は増えている。