大手の病院に転職するメリット

働く時間が不定期になりやすい看護師にとって、小さな子どもを見るのは困難だといえる。たとえ保育園に子どもを預けられたとしても、その営業時間内に送り迎えをすることすら難しい現場も多いからである。その点を考慮し、あらかじめ理解ある職場に転職することでうまく育児と仕事を両立させている人は多いようだ。

その代表例として、大手の病院に転職するという事例がある。大手の病院では看護師だけでなく医師や薬剤師など様々な医療従事者が働きやすいよう福利厚生を整えている傾向が強い。

その一つとして、資金力のある大手の病院では院内に24時間体制の託児施設を用意している場合がある。早番のときにも夜勤のときにも子どもを預けることができるため、夜勤でも働き続けることが可能だ。

また、小学校に入学する前まで利用できるようになっている託児所があるのも魅力だ。職場内に託児施設があるのは、保育園に預けるのとは違い、往復の移動時間のロスを減らせる点でも優れている。1日の時間ロスは、育児と仕事の両立においてかなり重要なポイントであり、この点をどれだけ考慮するかで今後の暮らしは大きく変わってくるだろう。

さらに、大手の病院では寮があるケースが多く、近場に立地しているのが魅力となっている。通勤時間を短縮できるためプライベートを確保しやすく、家事も担わなければならない人にとって助かる点だ。そのため、託児施設があることと合わせて検討している人も多いようだ。

育児と仕事を両立させる上で、働きやすい環境を選ぶことは必要不可欠である。その際、大手の病院の福利厚生を活用するのは賢い方法だといえる。