看護業務と育児を両立させるポイント

育児と仕事の両立について悩んでいる看護師は多い。職場によっては、勤務時間が不規則になるため、その傾向は特に強いといえる。土日に出勤したり、夜勤を担当したりする職場であれば、子供の預け先をしっかり確保しておく必要があるだろう。

保育園を探す場合には、施設のよって申込日が定められているため、早めに情報収集を行うのが大事だ。その際、公立や私立、認可など、さまざまな保育園について調べておこう。もちろん、保育園によって施設の充実度やサービスなども異なっているため、どの程度のサービスが適正かもきちんと検討しておいた方がいい。尚、保育園の評判を調べることも忘れないようにしよう。先輩の看護師に聞いて、信頼できる保育園をリストアップするのも良い方法だ。

また、病院の中には、看護師などのスタッフのために、託児施設を設置している現場も見受けられる。子どもと一緒に通勤できるため、とても便利である。もしも転職することを考えているならば、できるだけ託児施設が用意されている場所をピンポイントで探した方がいい。

もし子育て中にフルで勤務する場合は、家族の協力が欠かせないため、念入りに話し合いを重ねておくことが重要だ。保育園の送り迎えや、子供が病気を発症した時など、細かい点まで確かめておこう。

そして近年では、子育ての支援を積極的に行っている自治体が増えている。それぞれの自治体によって支援の内容が異なるため、あらかじめ情報を集めておいた方がいいだろう。